遺言

遺言を作成しておいたほうがよい理由

 遺言を作成することのメリットは、①後々の相続争いを防止すること②最後の意思表示として誰に何を遺すのか指定できることです。

「我が家は家族全員仲が良いし、相続争いとは無縁」

と考えている方が多いのではないでしょうか。

しかし、実際には、相続が始まるまでは特に問題のなかった家族間で、

相続争いが生じ、裁判にまで発展することも珍しくありません。

また、すでに子供が亡くなっており、その孫がいるような場合、

子供たちの間では相続の方法や、介護の貢献度などについて合意ができていても、

孫の代には話がされておらず、紛争が顕在化することもあります。


また、「我が家にはあまりお金もないし、相続する財産もないから安心」

と考えている方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、相続財産の総額が決して多くなくても、相続争いに発展するケースはあります。

また、借金が残っている場合、遺された家族は相続放棄をするか判断しなくてはなりません。

そのような場合、相続人はどのような借金があり、どのような財産があるのかを正確に把握できていないことが少なくありません。

多くの場合、相続財産としてどのような財産があり、どのような借金があるのかは、

本人しか把握していない場合が多くありません。

そのような場合、遺言が残されていると、

相続人達はどのようにすればよいかについて判断がしやすくなります。

このように、遺言が作成されていないと、様々な場面で後々紛争が生じることがあります。

そのようなことにならないよう、できる限り遺言を遺すことが望ましいといえます。

遺言の種類

遺言は「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の三種類が代表的といえます。どの遺言を作成する必要があるかについては、人それぞれといえます。ですから、遺言を作成しようと思ったときは、まず弁護士に相談しどのような種類の遺言を作成すべきかアドバイスしてもらうことが望ましいでしょう。

 

遺言の種類の詳しい内容については、以下のページもご参照ください。

→「遺言の種類」 

→「自筆証書遺言」 →「公正証書遺言」 →「秘密証書遺言

遺言に書くべき内容

遺言に記載する内容としては、「法定遺言事項」と「法定遺言事項以外」があります。具体的にどのような内容を書くべきかについては以下のページをご参照ください。

→「遺言に書くべき内容」

まずはご相談ください

この項目に関する外部リンク

相続に関するコンテンツ



サガミ総合法律事務所について

「地域一番の温かい弁護士事務所へ」

サガミ総合法律事務所

(相模大野駅北口より徒歩3分)

弁護士による安心の法律相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ|相模原地域一番の温かい弁護士事務所へ

ご相談料 

       30分以内のご相談は、

5,000円(税別)です。

1時間を超えるご相談の方が多く、追加料金が発生してしまうことが多かったため

30分を超えるご相談は、

一律8,000円(税別)

とさせていただきました。

「話が複雑で長くなりそう」という方にも安心してご相談に来ていただけます。

弁護士による相続の相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しならサガミ総合法律事務所へ|御予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。

事務所所在地

小田急線相模大野駅北口 下車徒歩3分|相模原、相模大野の弁護士事務所

小田急線相模大野駅北口から

徒歩3分。

相模原市在住の方、小田急線を利用されている方に便利です。

 

〒252-0303

神奈川県相模原市南区

相模大野3-16-7

まもってあげたいビル4階

サガミ総合法律事務所