交通事故に関するコラム

2019年

6月

10日

交通事故ワンポイントコラム⑥~治療関係費 2 ~

 交通事故ワンポイントコラム⑤の記事で、交通事故で怪我を負った場合の治療費等の治療関係費について説明しました。

 

 今回は、治療関係費のうち、近親者が付き添った場合の「付添看護費」について説明したいと思います。

 

付添看護費とは

続きを読む

2019年

4月

22日

交通事故ワンポイントコラム⑥~休業損害:給与所得者の場合~

 交通事故ワンポイントコラム①の記事で、交通事故で怪我を負った場合の休業損害は、加害者に請求できる損害の1つであることを指摘しました。

 そして、休業損害に関する問題は、被害者が給与所得者なのか、事業所得者なのか、家事従事者なのかなど、被害者の状況によって様々です。

 そこで、今回は、被害者が給与所得者である場合の休業損害について、説明したいと思います。

 

給与所得者とは

続きを読む

2018年

9月

27日

交通事故ワンポイントコラム⑤~治療関係費 1 ~

 交通事故ワンポイントコラム①の記事で、交通事故で怪我を負った場合の治療費等の治療関係費は、加害者に請求できる損害の1つであることを指摘しました。

 

 そこで、今回は、この治療関係費のうち、争いになる場面の多い、代表的な一部分について、説明したいと思います。

 

治療費を損害として請求できる期間

続きを読む

2018年

6月

19日

交通事故ワンポイントコラム④~休車損害~

 営業車の場合は、通常緑ナンバーを取得しており、許認可が必要となります。そこで、営業車が交通事故に遭って使用できなくなったとしても、レンタカーを使用して営業することができません。このような状況にある以上、営業ができなかった期間は、被害車両が稼働していれば得られたであろう利益を得ることができなくなってしまいます。

 

 そこで、交通事故によって営業車が損傷し、営業ができなかった場合において、営業ができなかった期間、被害車両が稼働していれば得られたであろう営業利益の損失を「休車損害」として、加害者に請求できる場合があります。 

 

休車損害の算出方法

続きを読む

2018年

5月

10日

交通事故ワンポイントコラム③~代車使用料~

 交通事故に遭い、事故車両を修理に出されなければならない場合、その間、当該車両を使用することができなくなってしまいます。このような場合、レンタカーを借りることももあると思います。被害者としては、このレンタカー使用料(以下、「代車使用料」といいます。)も交通事故を原因として発生した損害として、加害者に対して全額支払ってもらいたいと考えるのが通常ではないでしょうか。

 

 しかしなから、現実には必ず全額支払ってもらえるものではなく、代車を使用する必要性・相当性が認められた場合に、その範囲で損害として認められます。

 

代車使用の必要性

続きを読む

サガミ総合法律事務所について

「地域一番の温かい弁護士事務所へ」

サガミ総合法律事務所

(相模大野駅北口より徒歩3分)

弁護士による安心の法律相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ|相模原地域一番の温かい弁護士事務所へ

ご相談料 

       30分以内のご相談は、

5,000円(税別)です。

1時間を超えるご相談の方が多く、追加料金が発生してしまうことが多かったため

30分を超えるご相談は、

一律8,000円(税別)

とさせていただきました。

「話が複雑で長くなりそう」という方にも安心してご相談に来ていただけます。

弁護士による相続の相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しならサガミ総合法律事務所へ|御予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。

事務所所在地

小田急線相模大野駅北口 下車徒歩3分|相模原、相模大野の弁護士事務所

小田急線相模大野駅北口から

徒歩3分。

相模原市在住の方、小田急線を利用されている方に便利です。

 

〒252-0303

神奈川県相模原市南区

相模大野3-16-7

まもってあげたいビル4階

サガミ総合法律事務所