検認手続

検認手続とは

 検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。

 注意しなくてはならないのは、検認の手続きはあくまで、手続きの日の遺言書の状態を確認する手続きであって、遺言の有効・無効を判断する手続きではないことです。

検認が必要とされる遺言書

 公正証書遺言以外の遺言書については、検認手続を行う必要があります。

 すなわち、自筆証書遺言、秘密証書遺言については、検認手続を行う必要があります。

検認手続の流れ

 検認手続は以下のような流れで行われます。


1、家庭裁判所への申立て

  ・検認の申立書

  ・遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本

  ・相続人全員の戸籍謄本

  以上の書類等をそろえて家庭裁判所へと検認の申立をします。


2、家庭裁判所からの通知

  検認の申立が受理されると、家庭裁判所から相続人全員の住所へ遺言書を検認する日程の 

 連絡が届きます。


3、検認の日

  申立人は遺言書等を持って、家庭裁判で遺言書の検認手続をします。

  相続人全員が出席しなくとも検認手続を行うことはできます。    


4、検認終了後

  遺言書の検認が終わると、検認済証明書の申請ができます。

  遺言の執行を行うためには、遺言書に検認済み証明書がついていることが必要です。

検認をしなかった場合の罰則

 自筆証書遺言及び秘密証書遺言の保管者や、これを発見した相続人は、遺言者が亡くなったら、速やかに検認の請求をしなければなりません。

 遺言書を家庭裁判所に提出しなかったり、検認を経ないで遺言を執行したり、封印してある遺言書を家庭裁判所外で開封した場合には、5万円以下の過料に処せられることがあります。

 なお、罰則を受けた場合でも遺言が無効となるわけではありません。

まずはご相談ください。

相模原(相模大野)の弁護士事務所、サガミ総合法律事務所です。お困りごとはお気軽にご相談ください。フリーダイヤル☎0120-1549-88|相模原地域一番の温かい弁護士事務所へ
相模原(相模大野)の弁護士事務所、サガミ総合法律事務所です。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。|相模原地域一番の温かい弁護士事務所へ

この項目に関する外部リンク

相続に関するサイト内リンク

相続の流れ について|弁護士による相続相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ
遺言作成について|弁護士による相続相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ
遺言の種類について|弁護士による相続相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ

遺言に書くべき内容について|弁護士による相続相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ
遺産分割について|弁護士による相続相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ
相続について|弁護士による相続相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ

サガミ総合法律事務所について

「地域一番の温かい弁護士事務所へ」

サガミ総合法律事務所

(相模大野駅北口より徒歩3分)

弁護士による安心の法律相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しなら当弁護士事務所へ|相模原地域一番の温かい弁護士事務所へ

ご相談料 

       30分以内のご相談は、

5,000円(税別)です。

1時間を超えるご相談の方が多く、追加料金が発生してしまうことが多かったため

30分を超えるご相談は、

一律8,000円(税別)

とさせていただきました。

「話が複雑で長くなりそう」という方にも安心してご相談に来ていただけます。

弁護士による相続の相談|相模原、相模大野、町田で弁護士をお探しならサガミ総合法律事務所へ|御予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。

事務所所在地

小田急線相模大野駅北口 下車徒歩3分|相模原、相模大野の弁護士事務所

小田急線相模大野駅北口から

徒歩3分。

相模原市在住の方、小田急線を利用されている方に便利です。

 

〒252-0303

神奈川県相模原市南区

相模大野3-16-7

まもってあげたいビル4階

サガミ総合法律事務所